ローポイント・コントロール

ローポイントとは、クラブ軌道の最下点のこと。
これを安定させ、コントロールできるようになればミスショットが激減し、思った場所へボールを運べます。
「打球を決める要素は、インパクトにどういう軌道でクラブが動いてきて、どういう向きで面が当たるかという2点に尽きます。
つまり、アークに対してフェースをスクエアに振る技術と、スイング軌道のローポイントを一定にする技術さえあればいいのです」という宮崎が提唱する理論は、プロからアマチュアまで、レベルを問わずゴルファーのスキルを確実にアップさせる方法です。
シンプルでプロアマを問わずに確実な効果がある!
カラダが記憶するので一度覚えたら忘れない!
わずか1時間のレッスンで打球が激変する!
と日米で注目され始めて最新理論です。

まだレビューはありません

購入・お申し込みはこちら